考えを書いてみた



最近はまっている本

どちらかというとあまり本は読まない方かも。
文字が多いとそれだけで読む気がなくなるし眠くなる。

趣味は何ですか?と聞かれて「読書です」と
答えられたらかっこいいんだけどな~

でも口が裂けてもそんな事は言えないな。
毎朝新聞を読むだけで精いっぱいです。

そんな僕が唯一はまっているのは、先日彼女からプレゼントされた一冊の本。
いや~久しぶりに本読んだ。

といっても文字がぎっしりつまっているわけじゃないけどね。

「人生はニャンとかなる!明日に幸福をまねく68の方法」
猫好きの彼女が買ってきてくれました~

中には猫の写真とそれにちなんだ言葉などが書かれていてとにかくかわいい。

人生に必要な事がページ毎に1つずつ書いてあるけど、
文字ばっかりだったらきっと読まなかっただろうな。

写真と一緒にというのはかなりポイントが高い気がする。
こういうのだったら本が嫌いな人でも読みやすいんじゃないの?

それにしても文字だけじゃないものを選ぶ辺りはさすが。
僕の事をよくわかっている。

例えば"一度さぼるとくせになる"という言葉のところには
猫が面倒くさそうに座る写真がある。

どうやってこんな写真撮ったんだろうって思うけどとにかくその姿がかわいい。

それにイメージにぴったりだからなんだか笑ってしまう。ちょっと情けないけど普段の自分の姿がそこに重なったりして思わず反省させられる事もあるな~

だって自分ではわかっていても直せない事って結構誰でもあると思うけど、他の誰かに指摘されるとどうしても素直に認める事ができない。

でもこうやって猫の写真とかで訴えられると
何故かすんなり納得できてしまう。ちょっと不思議。

その他にもたくさんの写真があるけど、彼女が好きなのは
"見えないところにヒーローはいる"というページ。

ここには赤いマントをつけた白い子猫が、
車の下にじっと座っている写真が掲載されている。

これもまたかわいいな~
強いかどうかは別としてこんなヒーローなら大歓迎だ。

日々この本をみて反省しながらも癒されていますね。
猫好きな人は特におススメかもしれません。

Copyright © 2013 例:28歳男性の考え方 All Rights Reserved.